平成30年(第21回)、介護支援専門員試験終了

ケアマネ講師

平成30年(第21回)、介護支援専門員試験を受験された皆様、お疲れ様でした。

自己採点はいかがでしたでしょうか?

合格基準点発表までは安心できませんが、ひとまずはお疲れ様でした。あとは12月4日の合格発表を待つのみです。

解答速報は自動採点サービスのユーキャンが便利でした。

ユーキャンの解答速報はこちら

2018年ケアマネ試験直前対策

2018年のケアマネジャー試験がいよいよ直前にせまってきました。ここまで来たら、焦らず、出来ることをきっちりとやりましょう。

2018年の傾向と噂されてる事を以下にまとめました。

●昨年(第20回試験)の高い合格率(21.5%)の影響により合格率が低くなる可能性がある。

今年の受験資格の変更により昨年度は駆け込みで、しかも背水の陣で試験に望み合格した方が沢山いたと予想されます。合格基準点は低くなかったにも関わらず、昨年はその前年より1万2千人多くの合格者を出していることから今年は合格率は低くなると予想されます。1点に泣かぬようしっかりと直前期を過ごしましょう。

●2018年の介護保険法改正を問う問題が出題されることが予想される

今年度から変わった介護保険法が出題される可能性は大いにあります。■自己負担割合が最大3割■40~64歳収入に応じて保険料が変わる■自立支援・重度化防止を見据えた報奨金■介護医療院設立■障害福祉サービス事業所等による共生型サービスなどチェックしておきましょう。

●難化傾向の介護支援分野、難問は飛ばす勇気も

介護支援分野の難化傾向は続くと見込まれます。ケアマネ試験は時間配分が重要です。時には飛ばす勇気も必要となります。まずは全問手を付ける事を目標に。

●問題の文章が短くなる傾向は続く

近年のケアマネ試験は問題文が短い傾向にあります。その分ヒントも情報も少なく解き難いと言えます。過去問や問題集の短い文章の設問を見直し、対策をかんがえましょう。

ケアマネ試験直前対策と本番での心構えはこちら

当サイトで比較できるケアマネ通信講座、専門学校

当サイトではケアマネジャーを目指す皆さんに便利に利用していただくため、なるべく多くの通信講座、専門学校を掲載していきます。

ケアマネジャー資格取得ナビへようこそ!

ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高まる一方。取得すれば就職・転職や結婚、出産後の再就職も有利になります。仕事の幅が大きく広がり、キャリアアップにつながります!

このサイトではケアマネジャーの資格取得に向け通信講座、勉強法,試験対策などを紹介するサイトです。

ケアマネジャーを目指す方は仕事にすでについておられる方がほとんどかと思います。 忙しい日々の中で時間を作り効率よく勉強していくためには、使うテキストを比較したり、勉強法の本を読んだり するのは非効率です。 介護の仕事

それはあなたの代わりに管理人がやるのであなたは合格へ向けての勉強だけに集中できます。

管理人お勧めは「たのまな」のケアマネ通信講座

ユーキャンのロゴ

管理人おすすめは「たのまな」のケアマネジャー講座です。

たのまなのケアマネジャー合格講座では、その論点をパターン化し33項目にまとめた「合格の法則」というテキストと5回の模擬試験で実践形式で解くことで本番への慣れが養えます。

確かにケアマネジャーの資格は近年、合格率10%台の難関資格ですが系統立てた効率的な学習ならその確率は2倍、3倍と上がります。なるべく出題される所を効率よく学習する事が合否の分かれ目です。

まずは資料請求をして検討してみてはいかがでしょうか?たのまなの資料請求は無料ですし、実際に資料が届くと勉強を始める切っ掛けにもなるのでおすすめです。

たのまなの無料資料請求はこちらから

まとめて資料請求に便利なケア資格ナビ

ケア資格ナビ

何社も気になる場合はケア資格ナビが便利です。

資料請求を何社もする場合、住所の入力が意外に面倒ですよね。ケア資格ナビを使えば一回住所を入力するだけで自分の欲しい通信講座、専門学校の資料をまとめて請求できます。

ケア資格ナビで選べる講座

ケア資格ナビでは当サイトで紹介しているほとんどの通信講座、講座の資料請求が一度にできます。

ケア資格ナビはこちらから

ケアマネ資格取得のための情報がぎっしり!