ケアマネ資格取得ナビトップページ≫ケアマネジャーの受験資格

ケアマネジャーの受験資格は?

特定の資格を所有、特定の職業に勤務して一定の従事期間勤務した方

ケアマネジャーの受験資格は特定の保険・医療・福祉分野の国家資格の所有、保険・医療・福祉分野において一定以上の勤務期間が資格対象になります。

下記の国家資格を保有していて5年以上かつ900日以上勤務
医師 薬剤師 歯科医師
保健師 助産師 看護師
准看護師 理学療法士 作業療法士
社会福祉士 介護福祉士 視能訓練士
義肢装具士 歯科衛生士 あん摩マッサージ指圧師
言語聴覚士 はり師 きゅう師
柔道整復師 栄養士(管理栄養士含む) 精神保健福祉士
講師

持ってる資格によっては免除される試験科目もあります。

詳しくはこちら ケアマネジャー試験科目と解答免除

特定の職務に就いて5年以上かつ900日以上勤務した方
施設等において必置とされている相談援助業務従事者(児童指導員・生活指導員・生活相談員など)または、社会福祉主事・ホームヘルパー2級研修修了者などで相談援助に関する業務について5年以上かつ900日以上の勤務した方
介護等の仕事をしている人で、社会福祉主事か介護職員基礎研修過程または訪問介護員養成研修2級過程を修了した人で5年以上かつ900日以上の勤務した方
上記の職務に就いてなくても10年以上かつ1800日以上勤務した方
社会福祉主事・ホームヘルパー2級研修修了者などではないものの、老人福祉法・身体障害者福祉法・生活保護法などで定められた施設(老人養護老人ホーム・身体障害者授産施設)などで、介護などの業務に従事した人で10年以上かつ1800日以上勤務した方

ケアマネジャーの受験資格については、わかりにくい微妙な点が多いので確認が必要です。

実際の実務経験の証明

講師

ケアマネジャー試験を受験するための実務経験の証明は、業務内容とその従事期間および従事日数の組み合わせで審査されます。

実際は出願する時に、勤務先の事業所・施設の代表者などに書いてもらった「実務経験証明書」を提出します。受験申込者本人が記入したものは提出できませんが、個人開業等の例外はあります。

近年ではケアマネに限らず特定の勤務日数が必要な資格において、事業所が嘘の記載をして受験させ、それが見つかってしまってる報道がたまにあります。後ろめたい気持ちで受験してもあまりいい結果は得られません。勤務さえしていれば受験資格には到達しますので不正はやめましょう。

このようにケアマネジャーの受験資格は非常に細かく規定がありますので詳しくは各都道府県の介護保険担当部署へおたずねください。

ケアマネジャー都道府県別問合せ先

例外

保険、福祉、医療の職種といってもケアマネの受験資格に該当しない職種もあります。例えば薬剤師などは、調剤薬局の現場で5年以上、900日の従事日数があれば、受験資格がありますが、企業の研究室などで5年間の経験があったとしても、受験資格はありません。

家族のイラスト

また意外に多い勘違いとして一般病院の看護助手やリハビリテーションセンターのリハビリ助手のような職種なのですが実務経験に入りません。

都道府県や市町村で独自に設置している介護系施設も認定されるかどうか確認が必要です。例えば市で設立してる「中途障害者地域活動センター」のような施設。こちらはお風呂のないデイサービセンターのような事業をしていますが、この職場は認定されていません。

ケアマネを目指してる方は5年、10年たった後で気付いても遅いので事業主、各都道府県の介護保険担当部署へおたずねください。事業主が勘違いしてるケースも多いので二重の確認は必須です。先輩が受験してるなどの場合はその必要はありません。

ケアマネジャーの資格は転職、再就職に有利

居宅介護支援業者などには一定人数のケアマネジャーを置くことが義務付けられていますが、2006年の介護保険法改正から一人のケアマネジャーが担当できる人数が減り、ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高まっています。

ケアマネの資格を取得すれば就職・転職や結婚、出産後の再就職も有利ですし高齢でもできる仕事です。資格を取得すれば仕事の幅が大きく広がり、キャリアアップにつながります!

受験資格に達した方、もうすぐな方は早めに目指す事をおすすめします。

ケアマネ受験資格に達した方はこちら