ケアマネ資格取得ナビトップページ≫ケアマネ勉強法トップ≫モチベーション

ケアマネ試験までモチベーションを保つために

講師

ケアマネジャー試験は長期戦です。ケアマネジャーの通信講座や専門学校のカリキュラムなど見ていると勉強期間を6ヶ月にしてる講座、学校が多いですね。

「3ヶ月のケアマネジャー試験集中講座」みたいな講座がありますが、逆に言うと3ヶ月では本来は足りないと認識されてるようです。合格体験記などを読んでも6ヶ月以上勉強された方が多いようです。

しかし、6ヶ月間ずっとモチベーションを保ち続けるのは大変なことです。今回はそのためのちょっとした工夫や心の持ち方の特集です。

余裕のあるスケジュールをたてる

合格ダルマイラスト

ケアマネジャーの試験は長期戦です。毎日コツコツ勉強できて、あきらめなかった人が合格します。

スケジュールの立て方にしても長く毎日続けるモチベーション維持を最優先して考える事をお勧めします。「突発的に何時間も勉強して数日休む」みたいな勉強より、毎日同じ時間勉強した方が記憶的にも時間のリスク管理においても有効です。

しかし、さらに言うと1ヶ月、1週間の緻密なスケジュールは立てない方がいいです。1ヶ月、1週間のスケジュールはザックリとたてます。明日やる分だけ決めればそれで十分です。

理由は出来なかった時けっこうへこむからです。冗談っぽく聞こえてしまいますがこれは実際やる気を保つために重要な事です。

「1週間でこのテキスト全部やる」とか「今月中に基本テキスト全部覚える」みたいなちょっと無理目の目標をかかげて自分を奮い立たせるのはよいのですが、出来なくて挫折してしまったり、やる気をなくしてしまう人は意外に多いんです。それにこのような長、中期目標は具体性がなくやらないからです。

それよりも1日やる分で出来そうな量を計画します。そしてそれが仕事中に、もしできたら、もう少しがんばろうという気になりますので次の日の分まで手をつけます。目標以上に出来てさらに前倒しでやってるときの心境は、自分が立てたノルマにせかされてやってる時よりは勉強がはかどるものです。

マインドコントロールにおいては「アメとムチ」よりも自分が自発的に立てた目標に向かう方が人はやる気がでるそうです。そういった意味ではみなさん、自分からケアマネジャーになると決めたのですから、がんばれるはずです。

1日の量(言うまでもないかもですが)

講師

「余裕のある計画」「モチベーションの維持」と言って1日の目標の量が極端に少ないのはだめですよ。

上記はモチベーションを保つために、人間の「やる気」を上手に引き出す工夫の一つです。その絶対量が少なすぎては合格できませんし、勉強をやめてしまったりしたら絶対に合格できません。

生活リズムとか今まで勉強してきた感じで1日の自分の無理なく出来そうな量をみなさんは知ってると思います。

これからという方は通信講座のテキストでも市販のテキストでも、これだと決めた1式、あるいは1,2冊などの合計ページ数を本番までの日数-(引く)1ヶ月の日数で割ってください。最低2回ずつはやるので×2が1日にやる量です。1ヶ月は総復習と自分のわからない所の潰し込みにつかうと考えつつ、保険の日数でもあります。

今すぐ始めれたら無理な量ではないのではないでしょうか?

周りに宣言する

これはモチベーションを保つと言うより、自分を追い込むと言ったほうがいいでしょうか。会社の同僚や家族に「今年ケアマネになる」、「今年受験する」と宣言して下さい。それも「いつかなる」ではなく、いつかを明言して下さい。「いつか~になりたい」と言ってる人でなった人を見た事がありません。「いつか」は「やらない」と同意語です。

宣言する事で落ちたら恥ずかしいという思いが働き、勉強するようになるでしょうし、同僚は呑みに誘わなくなるかもしれません。家族もテレビを消してくれるかもしれません。堂々と宣言し、言ったからには勉強しましょう。

次の日勉強が始められるように

勉強や作業はやり始めるまでが大変です。机に付いて勉強を始められたら意外にすんなり集中できますが、なかなか始まらないのが現状ではないでしょうか?

これは前の日の勉強のやめ方を工夫する事で解消できます。勉強をやめるときは「~の分野を終わらせる」など奮起して頑張り、キリのいい所で止めるのがのが普通です。しかし次の日のスタートを考え、次の分野、次のページも少しだけ手を付けます。

勉強を始めるのが大変なのは「今日はどこをやろうかな?」「どういうやり方でいこうかな」と考えたり「楽な方法はないかな」とか「もっと他の大事な事があるのではないか」など考えてしまうからです。たしかにそれらを考えるのは大事な事ですが、これから勉強を始めるっていう時には荷が重すぎます。それは前日勉強をやめる時にあらかじめやっておきましょう。止める時は乗ってるのであっさりその作業はできますし、少しだけ手を付ける事で次の日にそれをやらざるを得ない状況にして上手にスタートが切れるようなります。

ちょっとした事ですがモチベーションの維持は毎日勉強する環境を工夫して整えるのがコツです。明日の自分にやる気を少しわけてあげましょう。

管理人おすすめのニチイの学びネットはこちら