ケアマネ資格取得ナビトップページ≫ケアマネ勉強法≫一番大事なのは時間

ケアマネジャー合格のため一番大事なのは時間

ケアマネ講師

もし万が一買ったテキストが合わない場合捨ててください。捨てるのはもったいないのでブックオフに売りに行って下さい。合わないテキストはまれにあります。そのとき我慢して続けるのは何となく困難に立ち向かってる感はありますが実はあまりよくないです。

そこには二重の損があります。

まずはお金です。これは自分に合わない時点で発生してますが、せっかく買ったのにそのお金が無駄になってしまう事です。しかしもっと損してるのは時間です。お金で損してるうえに最後まで我慢してやる事で時間までとられる事は本当に損をしてます。

社会人の試験勉強において一番大事にすべきは時間です。お金は合格する事で戻ってくる自己投資です。合わないテキストを続ける事によっての二重の損はやめましょう。

最低限やるべき事

時間の損、お金の損を最小限におさえるためにすべきはネットでそのテキスト、専門学校、通信講座を調べることと、資料請求する事です。

資料請求は大抵無料ですし、合う合わないの指標になるのでしましょう。

どうせなら朝勉強しよう

どんな勉強関連の書籍を読んでもやはり勉強のゴールデンタイムは朝だという方がほとんどです。同じ時間勉強したとしてもやはり朝の方が効率もいいし、頭に入ります。

脳は実は疲れたりはしないそうですが弱点はあきる事と眠くなる事らしいです。あと寝起きが悪い人で朝は頭が働かないと言う方がいますが、脳は起きたら割とすぐ普段の状態になってます。体がついて来てないんですね。

それならば同じ睡眠時間でも早く寝て早く起きる勉強のほうが、遅くまで勉強して遅く起きるよりお得ですね。

自分でタイムプレッシャーをかけよう

ケアマネ勉強法スケジュールについてでも触れてますがやはり忙しい人の方が時間が有る人より勉強時間が作れる事が多いです。

休日など時間のある日はちょっとした事に気を取られて関係ない事をしてしまうんですね。きっと時間がある事での気の緩みからかとは思います。

それを打破する為には単純ですが自分で勉強する量を前の日に決めて紙に書いて、それを必ずやる事です。締め切りを自分で作るのです。当たり前の事に聞こえますが以外にちゃんと紙に書いてまであまりしませんよね。書くときは時間の制限も具体的に書くといいです。「12時まで~まで」みたいに。

出来たら赤線で消していくと視覚的にも自分にプレッシャーをかけれます。時間が有るときに関係ない事をやりはじめるのはやはり時間が有るから大丈夫という気持ちが強いからなので自分で時間的なプレッシャーをかけるやり方がおすすめです。