ケアマネ資格取得ナビトップ≫ケアマネ勉強法トップ≫勉強時間の作り方

忙しい人の勉強時間の作り方

管理人

実は忙しい人の方が勉強ができるんです。

毎日忙しく働いてる方には「何言ってるんだ?」と思われそうですが事実なんです。たまたま何日か休みができたとき、予定した事を集中して出来てますか?私は意外と時間があると勘違いしてしまって、すごく時間がある日は何もできなかったり他の事をしてしまったりして結局何にもしてないみたいな事が多いです。

調べるとやはりそんなのは私に限った事ではないようですね。

忙しい中でなんとか時間を作ってする勉強は集中してできるからでしょうか、やはり身になります。忙しいからケアマネの試験に不利なんて考えは捨てましょう。忙しい中で何とか時間を捻出する工夫ができる人が合格してます。

隙間時間いつでも勉強できる状態を作る

時間の捻出の仕方はそれぞれの仕事によってやり方は様々でしょうからここではあまり言及できません。

勉強法の本でもけっこう踏み込んでる本では、「飲みの誘いは3回に1回は断ろう。」とか「上司に合わせて残業するのはやめよう。」とか書いてるものまでありますが、そんな事は本人の仕事の状況次第なのでここではそんな事は言いません。

ただ時間があったらいつでも勉強できる態勢を整えるのは必須かと思います。毎日10時間以上勤務してるような方でも、本当に10時間空きがないわけではないでしょう。 昼休み、休憩、待機時間、空き時間が何かしらあると思います。言われつくされた事ですが、隙間時間10分でも365日なら3650分で60時間です。

そんな時に勉強できる態勢をあらかじめ整えておきましょう。筆記用具と問題集の切り抜きかコピーを持ち歩くだけで勉強はどこでもできます。解いていてわからない事は印をつけておいて後で調べましょう。

講師

通勤の電車だって勉強にあてられます。東京都内の超満員の電車通勤してる方はCDテキストみたいなのをi-podなどのポータブルプレーヤーで聞くような方法もあります。過去問が落ちてるようなサイトのテキストを携帯やスマフォで見ることも方法の一つかと思います。

ケアマネCD・DVD講座の特集はこちら

苦手科目をやる時間をきめる

時間を作るにあたってどうしても苦手科目が後回しになるといった事があります。しかしこれは最悪の悪循環になる事があります。

ケアマネジャーの試験の場合「苦手科目は捨てて得意科目を満点で」みたいな事はできません。ケアマネ試験の場合は各分野に合格基準点が設けられすべてクリアしなければ合格できません。免除科目でない限りは「~分野は切る」という事はできません。

苦手科目は模試や過去のケアマネ試験において苦い思いをすると敬遠してしまい勉強しなくなって、ますます苦手になる。あるいはそればっかりやって時間をとられる、などいいことはありません。

苦手だなとか、やりたくないなと思う科目は毎日時間を決めてやるのがいいです。

例えば「電車の中では絶対~をやる。」「帰って勉強を始める時、始めの30分は苦手分野をやる。」など、一日のうち苦手科目ややりたくない科目をやる時間を決めてしまうのです。そうしてるうちにその苦手科目ができるようになると楽しくなってきます。苦手科目は克服されてくるとモチベーションが上がるという側面もあるのです。苦手科目が得意科目になった時、あなたの合格はきっと近いです。

週末頼みをやめる

ケアーマネージャー講師

普段忙しく働いてる方はどうしても平日に時間がとれないので「休みの日にまとめてやろう」といった事が多いかとは思います。

実行できてる方はそれでもいいと思いますが、冒頭にあげたように人は時間が沢山あると逆に勉強に向かえなかったり、だらだらしたりしまう場合がありますし、急な予定が入ってまるまるつぶれてしまう事もあります。

管理人のお勧めはやはり少しづつでも毎日やる事です。休みの日に5時間でなく毎日1時間ずつでも30分でも必ずやる事です。

脳や記憶のメカニズム的にもそのほうがいいようですし、時間管理のリスク的にも急な用事で潰れた1日分の計画は数日多くやる事ですぐ取り戻せます。

また調子がいいからと睡眠時間を削ってまで一度にやってしまうのもあまりよくありません。当たり前かもしれませんが次の日眠くていつもよりやらない事が多いからです。最悪仕事に支障がでてしまったりします。そこからペースが崩れて「やはり毎日同じ量をやった方がよかった」という事が多いです。

「週末5時間やるより一日1時間やる。」「週末10時間やるより一日2時間やる。」

こうして書くとやはり毎日やった方がよいと感じませんか?週末に10時間って大変そうじゃないですか?

管理人おすすめのニチイの学びネットはこちら