ケアマネ資格取得ナビトップ≫ケアマネ勉強法≫ケアマネ試験全体をつかむ

ケアマネジャー資格試験全体をつかむために

先にすすめない人

実は管理人もそうなのですが、問題集を解いていたり、テキストで分からない事が出てくると気になってそこばっかり調べるのに時間を費やしてしまう方は結構いると思います。いわゆる世間でいう学問と資格勉強法の違いはここにあると思います。

これは意外と重要な事です。普通だったらひとつの物事を掘り下げて学習していくのはすばらしい事ですが今はケアマネジャー試験に合格する事が目標ですのであまりひとつの問題、一定の範囲を深く掘り下げるのはあまりいい勉強法とは言えません。

先に進めないタイプの方は是非参考にして下さい。

ケアマネジャーの試験はマークシート

ケアマネジャーの試験問題はマークシート形式のみです。そこを常に意識した勉強をお勧めします。

例えば難しい漢字なども読めさえすれば書けなくてもいいのです。もっと言うと読めなくても意味さえわかればいいのです。「本当にケアマネジャーになってから大変だ」と怒られそうですが・・・・。

ここでは合格に向けての勉強法ですから本当に最初の頃は調べてもわからないことがあったら、とばして進めて下さい。テキストや問題集にチェックをつけておいて、通信講座を受講されてる方なら質問シートなどがあるでしょうし、専門学校などに通われてる方は先生に質問してください。まずは全体を俯瞰で見れる事が重要です。

とっかかりとしての薄いテキスト、入門書の薦め

管理人

ケアマネジャー試験は財団法人長寿社会開発センター発行の「介護支援専門員基本テキスト」から出題されます。このテキストがまた2,000ページ以上もあります。頭から暗記していくような方法ではあまりにも効率が悪いです。

たまにインターネットの掲示板で「介護支援専門員基本テキストはやはり購入しなければならないのでしょうか?」などの書き込みを見ます。私個人としては実際にケアマネになった時も使えるといった点であった方がいいと思います。

手元にあるとやってる感はでますが。

介護支援専門員基本テキストは必要か?はこちらで

しかしケアマネジャーを目指す"とっかかり"としてお奨めは薄いテキスト、入門本を何冊か読む事です。

これはよく市販されてる参考書でも「一週間で覚える~」、「はじめての~」「10日で完全マスター~」みたいなタイトルで出てる本がよくあります。いわゆる通俗本です。

もちろんこれだけで最後まで勉強するわけではなく、あくまで最初に全体を把握するのです。

問題集と一緒になってるタイプも問題は解くのでなく読むのです。とっかかりですので解けなくて当たり前位の気持ちで、すぐ答えを見て進んでください。「介護支援分野はこんな感じの問題か」「福祉サービス分野はこれか」くらいの感じで読むだけでいいのです。

全体を把握したらおのずとゴールまで自分がやる事が見えてきます。また途中で勉強を止めてしまうのが一番よくない事ですが通俗本なら最後まで楽に読めます。

通俗本は何冊か読むのが秘訣

講師

薄い本はすぐ読み終わりますし、2,3冊読んだら基本的な流れや基礎はなんとなくわかってきます。この通俗本に関して言えば同じ本を何度も読むより何冊か読んだ方がいいです。

基礎本ですので基本的には同じような内容ですが、書いてる人によって微妙な見解の違いなどにも気付く事も重要ですし、一冊を何度も読むよりあきないです。一冊を何度も読んでその本を丸暗記するのが目的ではなくここでは全体をつかむ事を目標にします。

注意する事は、薄い入門書の場合それだけでは合格はできないという事です。あくまでも全体をうっすら把握する目的でやりましょう。