トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【き・く】

ケアマネージャー用語集【き・く】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

キーパーソン

介護支援専門員がご利用者の意思決定の確認や緊急時の連絡をとったり、要介護者のサポート方針などを決める重要人物のことです。家族や親族の中で介護の中心的な役割を果たす人のことをいいます。

きざみ食

高齢者や病気で噛む力や飲み込む力が弱った人のために用意されます。 細かく刻み食べやすくした食事のことです。

機能回復訓練

高齢者などのADL機能の維持回復を目指して行う訓練です。主にPT・OTなどが医者のアドバイスを元に 日常生活動作訓練や、運動療法、物理療法、機能的作業療法を行ないます。

QOL

Quality of life (生活や人生の質) 生活の質を向上させるために、介護保険も施設サービスから在宅サービス中心に。サービス提供者主体から利用者主体へと変わってきています。日常の生活動作を意味するADL重視から、QOLを重視する考え方に移り変わっています。

居宅介護サービス計画費

介護保険のサービスを利用するためのケアプラン作成を介護支援専門員(ケアマネジャー)に依頼した時に支払われる費用のことです。介護保険制度から全額支払われるので、利用者の負担はありません  又、ケアプランは自分で作成することも可能です。

居宅介護サービス費

訪問介護やデイサービスなどの指定居宅サービス事業者からサービスを受けたときに介護保険から支給される費用です。利用者負担1割を除いて9割が支給されます。

居宅介護(支援)サービス費支給限度基準額

居宅介護(支援)サービス費の支給に際して定められている限度額です。一定期間に受けた居宅サービスの保険給付総額が、居宅介護(支援)サービス費支給限度基準額の9割を超えてはならないとされています。 限度基準額はサービス区分ごとに定められています。

居宅介護支援事業

在宅のケアマネジャーが働く場所のひとつとなっています。在宅の要介護者・要支援者、家族とサービス内容を相談のうえ、介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、在宅サービス事業者との連絡調整などを行なう事業所のことです。

居宅介護住宅改修費

手すりの取り付けなど、在宅で生活しやすいように住宅を改修した場合、介護保険から助成される費用のことです。

居宅介護福祉用具購入費

浴槽や便座など、レンタルに向かない福祉用具を購入した場合、介護保険から助成される費用のことです。

居宅サービス

訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、短期通所生活保護、短期通所療養介護、居宅療養管理指導、特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、居宅介護支援など。介護保険の在宅サービスのひとつを指します。

居宅サービス計画

デイサービスや施設介護の中などのサービス中に歌やゲーム、手芸、園芸など、心身の状態を安定させ、元気づけるために行なわれる活動のことです。デイサービス(通所介護サービス)などではアクティビティ加算もあります。

居宅サービス事業者

通所介護・訪問介護など、在宅サービスを行なう事業者のことです。居宅サービス事業者になるには指定を受ける必要があります。

居宅支援サービス費

指定居宅サービス事業者からサービスを受けた際に、在宅の要支援者に支給される費用のことです。利用者負担1割を除いた9割が支給されます。

居宅療養管理指導

通院できない利用者の家庭を医師などが訪問し、健康管理や専門の指導を行なうサービスです。 管理栄養士の栄養指導や、歯科衛生士の口腔指導などもあります。

気管挿管

鼻や口からチューブを挿入し、呼吸困難な患者の気道を確保することです。

基礎年金

国民年金制度に基づき定められた年金給付のことです。老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金の3種類があります。

救護施設

身体上または精神上著しい障害があるために日常生活を営むのが困難な要保護者が入所し、生活扶助を受けるための施設で、設置主体は、都道府県、市町村、地方独立行政法人、社会福祉法人および日本赤十字社に限られている。入所者の多くは、単一の障害を対象とする他法の施設に入所  することがなじまない、複合した障害を持つ者や精神障害の寛解者である。 また、救護施設は保護施設通所事業の対象施設であり、保護施設退所者に通所させて、指導訓練等を行う。生活保護法の規定にもとづき設置される保護施設の一種。

給付管理業務

居宅介護支援事業者や地域包括支援センターが、サービス利用実績の確認や、給付管理票、介護給付費明細の作成・提出などを行う管理業務のことです。 この業務を行なわないと、介護報酬をもらうことはできません。

グループホーム

5~18名程度の認知症の高齢者がグループで暮らす住宅のことです。認知症対応型老人共同支援事業として介護保険給付の対象になっています。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら