トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【し】

ケアマネージャー用語集【し】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

施設介護サービス計画

施設サービス計画表に記載すべき事項として、要介護者の氏名、認定日、サービス計画作成日、生年月日、要介護状態区分、要介護者等と家族の希望、担当者会議などの基本情報はもとより、要介護者等の抱える健康上、生活上のニーズと解決すべき課題、医学的管理の内容と留意点、サービスの目標や達成時期、具体的なサービス内容とスケジュール、要介護者等と 家族の承諾、担当介護支援専門員の特定があげられる。介護保険施設にあっても、要介護状態改善のための努力や在宅での生活を念頭においた支援が求められてくる。介護保険制度において、介護老人福祉施設、介護 老人保健施設、介護療養型医療施設の3施設で介護支援専門員が個別に作成し、チームでケアに当たるための介護サービス計画。

施設サービス

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3つの施設に入所して受けられる介護・相談援助サービスです。要介護認定者が対象です。

市町村特別給付

要介護の被保険者や在宅要支援被保険者に、介護保険のサービスとは別に、市町村が条例で定める独自の給付のことで介護給付と予防給付に対して横だしサービスといわれる。例えば、配食サービス、寝具乾燥サービスなどがある。介護保険制度において、介護 給付と予防給付のほかに、要介護状態の軽減若しくは悪化の防止または要介護状態になることを予防するために、市町村が条例で定める独自の保健給付をいう。

指定介護療養型医療施設

指定介護療養型医療施設は、療養病床、老人性痴呆疾患療養病棟を有する病院・診療所であって、開設者が指定を申請するもについて、介護支援専門員等のサービス従業者の人員、設備・運営に関する基準を満たす場合に都道府県知事が指定を行う。ただし、都道府県介護保険事業計画に定めたその区域の必要入所定員総数を超えるときには指定をしないことができる。指定介護療養型医療施設で提供されるサービスを指定介護療養施設サービスという。都道府県知事が指定する介護療養型医療施設。

指定介護老人福祉施設

介護保険の施設サービスを提供する3施設のうちのひとつで、老人福祉法にもとづき設置されている特別養護老人ホームであって、入所している要介護者に対して、施設サービス計画にもとづいて、入浴・排泄・食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話を行うことを目的とする施設を介護老人福祉施設といい、都道府県知事の指定を受けた介護老人福祉施設を指定介護老人福祉施設という。開設者が指定を申請するものについて、介護支援専門員等のサービス従業者の人員、設備および運営に関する基準を満たす場合に、都道府県知事が指定を行う。指定介護老人福祉施設によって提供されるサービスを指定介護福祉施設サービスという。介護保険法による介護保険施設の一種。

指定居宅介護支援事業者

要介護者が福祉サービスをスムーズに利用できるように介護支援専門員(ケアマネジャー)がケアプランをたて、サービス事業者と連絡・調整などを行なう事業者のことです。都道府県知事の指定を受け在宅介護支援事業を提供します

指定居宅サービス事業者

在宅サービスを提供する事業者です。サービスの種類ごとに人員や設備、運営に関する基準が設けられ、基準を満たすと都道府県知事の指定が受けられます。主に訪問介護事業所・通所介護事業所があります。

指定通所リハビリテーション

指定居宅サービス事業者が行なう日帰りの支援サービスです。要介護者が心身の機能の維持回復をはかるために、病院や介護老人保健施設などに通い、理学療法や作業療法などを受けることができます。

指定特定施設入所者生活介護

都道府県知事の指定を受けた有料老人ホームや、軽費老人ホームなどで、可能な限り自立した生活が送れるように支援する介護保険サービスのことです。上乗せ介護料を加算することも可能です。

指定訪問介護

訪問介護員などが利用者の自宅を訪問し、日常生活を快適に送れるように世話をしたり手助けすることです。指定居宅サービス事業者がサービスを提供します

指定訪問看護

主治医の指示のもと、病院・診療所や訪問看護ステーションの看護師などが、利用者の自宅を訪問して医学的なサポートを行なうことです。指定居宅サービス事業者がサービスを提供します。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら