トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【す・せ】

ケアマネージャー用語集【す・せ】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

スロープ

階段のような段差ではなく、なだらかな勾配があり、車いすで利用可能な通路のことです。バリアフリー対策のひとつとして、さまざまな施設や建物で広がっていますストマとも呼ばれます。人工肛門、人工膀胱の排泄口の呼び名です。神経がなく痛みを感じないので、使用者は傷つかないように取扱いに注意する必要があります。利用者の運動能力で買い物や洗濯、電話、薬の管理等、ADLよりも高い能力が必要とする複雑な動作のこと。職業や性別を考慮し、身体活動能力や障害の程度をはかり評価する尺度のひとつとなっており、要介護認定調査の項目にもいくつかはいっています。

睡眠障害

不眠症や、いびき、歯ぎしり、頻尿、寝言のほか、睡眠時無呼吸症候群、睡眠時遊行症などの種類があります。睡眠の量やリズムに障害のある状態を指します。

ストーマ

ストマとも呼ばれます。人工肛門、人工膀胱の排泄口の呼び名です。神経がなく痛みを感じないので、使用者は傷つかないように取扱いに注意する必要があります。

ストレッチャー

寝かせた状態で移動できる車付きベッドのことです。高さ、背上げ調節・折りたたみ調節を備えたタイプや、点滴器具・酸素ボンベなどの医療機器を備えられるものなどがあります座位保持の可能な場合は、オーバーテーブルを利用して両手を洗ったり、することができます。

スタビライザー

リハビリテーション分野で特に頻回に用いられるものに、起立歩行障害児(者)の立位安定装置がある。これは、底面積の広い硬板に骨盤帯つき長下肢装具を固定したもので、立位における平衡機能を促進(助長)するために用いる。安定装置。一般的に用いられている言葉で、専門用語ではなく、したがって随所で使用されている。一般的に、スタピライザーは、船、飛行機、車、自転車、などの乗り物に取り付けられ、操縦時の不規則なゆれや転倒、転覆を防ぐために取り付けられるもの。また、車ではアンチロールバーとも言われ、車体のロールを防ぐためのサスペンション形式。構造は左右のサスペンションを細長いバーで連結し、左右のサスペンションの沈み込みに差異が生じた時にだけ、連結したバーに捻り抵抗が発生し、その復元力により車体の傾きを防ぐ様になっている。

手浴

ベッド上で寝具を濡らさない工夫をして身体の前部に湯の容器を置いて洗う。座位保持が不可能な場合は、横向きになって片手ずつ洗う。つめ切りは、手浴の後の行うこと。部分浴の一種で、ぬるめの湯に手を入れて暖めた後、石鹸(洗剤)で洗い、次に湯の温度を少し高くして温める。タオルで水分をふき取り、ベビーオイルやハンドクリームで肌を整える。手浴は、疾病や障害によってセルフケアが困難になり、床上安静を余儀なくされている患者に清潔ケアとして実施され、経験的には爽快感の得られる看護術の一つに位置づけられている。また、手首まで浸かる洗面器やボウルに、熱めのお湯(入浴時よりやや高めの温度)を注ぎ、精油を1~3滴落としてよくかき混ぜ、手を10分位浸す。足浴のように手の自由がないので、精油の香りを楽しみながら、手の平のツボを刺激したりする方法もある。慢性的な肩こり・頭痛持ちの者、緊張しやすい性格の者などにも有効な手段である

生活相談員

社会福祉主事任用資格と同等以上の能力があり、適切な相談、援助等を行う能力を有すると認められる者とされている。特別養護老人ホーム、指定介護老人福祉施設、通所介護事業所などに配置され、利用者の相談、援助等を行う者をいう。具体的な職務として、利用者一人ひとりが、デイサービスを安心して利用できるよう、利用者を取り巻く環境を調整する、利用者や家族からの相談の対応やデイサービスの受入準備、契約書の取り交し、個々の利用者の通所介護計画の作成やその評価など、企画者としての役割がある。また、デイサービスセンターの施設長として、職員の労務管理や請求業務、現金回収業務なども行う。

生活保護制度

生存権保障を規定した憲法25条の理念にもとづき、国が生活に困窮するすべての国民に対して、その困窮の程度に応じ必要な保護を行い、その最低限の生活を保障するとともに、自立助長することを目的とした施策。生活保護基準がナショナル・ミニマムを担うという役割を果たしてきた。生活保護基準の決定は厚生労働大臣に委ねられているが、要保護者の年齢別、性別、世帯構成別、所在地域別その他保護の種類に応じて必要な事情を考慮し、最低限度の生活需要に対して過不足ないものでなければならないことが規定されている。生活保護法にもとづく。

清拭(せいしき)

温かく濡れたタオルなどで身体を拭き、清潔さを保つことです。入浴できない人のために行ないます。さっぱり感や気分転換につながるとともに、血行を促進し床ずれ防止にも役立ちます。

精神保健福祉士

精神保健福祉法にもとづく精神病院、社会復帰施設等に入院等している精神障害者に対して、社会復帰に関する相談援助および日常生活訓練を行い、社会復帰を促進させる有資格者。国家資格である。精神保健福祉士となるには、指定試験機関財団法人社会福祉振興・試験センターが実施する精神保健福祉士試験に合格し、精神保健福祉士登録簿に所定の事項の登録を受けなければならない。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら