トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【せ・そ】

ケアマネージャー用語集【せ・そ】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

精神保健福祉士

復帰施設等に入院等している精神障害者に対して、社会復帰に関する相談援助および日常生活訓練を行い、社会復帰を促進させる有資格者。国家資格である。精神保健福祉士となるには、指定試験機関財団法人社会福祉振興・試験センターが実施する精神保健福祉士試験に合格し、精神保健福祉士登録簿に所定の事項の登録を受けなければならない。

精神保健福祉センター

都道府県および指定都市が設置する機関で、精神保健および精神障害者の福祉に関する相談および指導のうち複雑または困難なものを行うこと、精神医療審査会の事務を行うこと、精神保健および精神障害者の福祉に関する知識の普及を図り、および調査研究を行うこと、精神障害者通院医療費公費負担制度および精神障害者保健福祉手帳の申請に対する決定に関する事務のうち専門的な知識および技術を必要とするものを行うことを業務とする。精神保健福祉法にもとづく施設。

精神科デイケア施設

施設長は医師とされ、看護師、作業療法士、精神科ソーシャルワーカー、臨床心理技術者等が配置されている。設置主体および運営主体は地方公共団体である。回復途上にある精神障害者に対して、通所による利用を通じて、適正な医学的管理のもとに生活指導および作業指導等を行い、円滑な社会復帰を図ることを目的とする施設。

生活技能訓練

行動療法的考えが基本にあり、社会生活を対人場面を中心に細かく分析し、それに対応できるように細かで具体的な学習用のプログラムを作成し、それにもとづいて練習・実習するもの。また、社会生活技能訓練、SSTなどとも呼ばれ、認知行動療法の一つでもある。コミュニケーションを要する日常の出来事に対して、ロールプレイを用いて練習する。この方法の特徴として、批難(批判)しない、相手の意見を受け入れる、自分の意見を適切に表現するどの特徴があり、社会復帰を要する施設で取り入れられている。心療内科、精神科などの病院では診療報酬を得ることも可能である。

成年後見制度

判断能力が不充分な精神障害者、知的障害者、認知症などの人のために、財産上の法律行為(財産管理・契約締結・介護保健サービスの手続きなど)を代理人が行なう制度です。家庭裁判所が成年後見人を選任する「法定後見」と、本人が任意で選ぶ「任意後見」があります。

成年後見人

判断が十分にできない人の認知症、知的・精神障害者などの人の、財産上の法律行為を行なう代理人のことです。家庭裁判所で選任されます。法律で定められた者(本人、配偶者、4親等内の親族、市町村長、検察官など)の申し立てにより、適任と認められた人が成年後見人になれます。

前期高齢者

65歳以上、75歳未満の高齢者を指します。 70歳以上になると前期高齢者医療制度が適用され、「高齢受給証」が交付されます。

せん妄

アルコール依存症や認知症によく見られる症状です。脳の機能が一時的に低下し、意識混濁や幻覚、錯覚、不安、興奮などの状態になります。意識障害のひとつです。

せん妄状態

意識障害の一種で意識混濁と幻覚、錯覚、不安、不穏、興奮を示す状態のこと。アルコール依存症、痴呆疾患に伴うことが多い。せん妄状態では、外界の認知が悪くなり、思考や判断が混乱する。目つきは力を失い、表情はしまりがなく、外界への関心も低下する。行動はまとまりを欠き、廊下で放尿をする等の異常な行動がみられることもある。「振戦せん妄 ・・・ 重症型アルコール離脱症、常習大量飲酒の突然中断によって、その数時間後から数日後に、中枢神経が興奮状態になり現れる、いわゆる禁断状態である。急性の意識障害による精神病状態をいう」 「夜間せん妄 ・・・ 痴呆性高齢者に多くみられる症状であり、夜不眠で興奮・多動となる。とくに夜間に増悪しやすいことから夜間せん妄と言われる」

前立線肥大症

前立腺が肥大し、尿道を押しつぶして排尿障害をおこす病気である。男性に特有のもので、残尿感や排尿に時間がかかる、尿が出ないなどの症状がみられる。男子高齢者の80~90%にみられ、頻尿、遷延性排尿・苒延性(ぜんえんせい)排尿などの排尿困難、残尿、尿閉へと進行する。手術療法が有効で、経尿道的にあるいは下腹部切開により行う。

切迫性尿失禁

自分の意思に反して膀胱が勝手に収縮してしまい、十分に尿を溜めることができないままトイレに行くので、回数が増えて漏れやすい。脳血管障害、パーキンソン病、膀胱炎の人に多い。尿を溜められないために起こる蓄尿障害の一種で、トイレに行くまでに我慢ができずに漏れてしまったり、トイレに入って下着をおろそうとしている間に漏れてしまうものをいう。また、切迫性尿失禁の場合は、尿をしたいと思っているのに寸前でできないもどかしさがあり、しかも大量にもらしてしまうことから、周りへの羞恥心、自責の念も非常に強くなる。ひどくなると、うつ病になる例も珍しくない。

摂食障害

手の機能障害や、口腔内の障害、頭部の筋・口唇・舌・嚥下筋の筋力低下や麻痺などがある。また、食に関連した精神障害で、思春期・青年期の女子に多い極端なダイエットを中心とした拒食症と、反対に多食となる過食症(両者の間にしばしば移行する)を摂食障害ということもある。食物を口へ入れ、嚥下するまでの過程における種々の障害をいう。

舌下錠

口腔錠のことで、内服で肝臓を通過することにより、不活化されやすい薬物に応用される。舌下錠は小さくし崩壊が速やかにおき、舌下からの吸収を早くさせる剤型が用いられている。急速に効果を期待するときに使用する薬で、主に狭心症の治療に使われる。使い方としては、口の中の粘膜から速やかに吸収させて効果を現すので、錠剤をそのまま飲み込んだり、かんだりせず、舌の下に入れて、自然に溶かす。口の中が乾いているときは、水を少し含んで、舌を湿らせてから舌の下に入れる。舌下錠や舌下スプレーなどとして商品化されている。

脊柱管狭窄症

馬尾神経症状が主体の腰部脊柱管狭窄症と、頸髄の圧迫による症状が主体の頸部脊柱管狭窄症に大別される。前者は、腰をかけて休むと軽快する間欠跛行(かんけつはこう)、下肢のしびれ、痛み、膀胱や直腸の機能障害が特徴で、後者は、後縦靭帯(こうじゅうじんたい)骨化症などさまざま原因による頸髄症と同様に四肢のしびれや歩行障害、排尿障害などが現れる。椎間板の変性などの退行性変化によって脊柱管が狭められ脊髄や神経根を圧迫し症状が現れる疾患。

脊髄損傷

脊髄は神経系の下位中枢機能と伝導路機能をもつため、損傷部以下の弛弾性麻痺、全知覚脱失、膀胱直腸障害等を来す。合併症の予防ならびに社会復帰と自立を目指したリハビリテーション等の機能訓練が重要である。交通事故などの外傷により脊椎の骨折、脱臼に伴い生じる脊髄の障害で、重篤な機能障害を示す。損傷の度合いにより、完全型と不完全型に分かれる。完全型は脊髄が横断的に離断し、神経伝達機能が完全に絶たれた状態であり、不完全型の場合は脊髄の一部が損傷、圧迫などを受け、一部機能が残存するものを指す。また、完全型の場合、損傷部位以下は上位中枢からの支配を失い、脳からの運動命令は届かず運動機能が失われる。

相談援助

福祉事務所などの公的機関が、日常のあらゆる面で問題や悩みを抱える人の相談に応じることです。介護保険や社会保障のサービスの現場では、専門員が業務に携わっています

ソーシャルワーカー

わが国においては、社会福祉従事者の一般的な名称として用いられるのが普通であるが、国際的には、高度の価値・知識・技術を修得した社会福祉専門職に与えられる名称であり、介護・介助を主として行うケア・ワーカー(介護職員)とは区別されている。1987年の社会福祉士および介護福祉士法の成立により、わが国においても社会福祉士(ソーシャルワーカー)と介護福祉士(ケア・ワーカー)の区別が定着しつつある。

ソーシャルサポートネットワーク

時には福祉事務所や社会福祉施設の専門家が関わることもある。新しい概念であり、明確に概念整理されてはいない。家族、近隣、ボランティア等、非専門的な援助者による援助のネットワークをいう。また、ソーシャルサポートネットワークとは問題の解決が長引いている利用者に対して、日常のネットワークを計画的に再形成した支援体制を提供することで、それは画一的なネットワークではなく、利用者のパーソナリティや生活状況、そして緊急性を伴う用件などに応じた個別のネットワークのことです。

側臥位(そくがい)

横向きに寝た状態です。床ずれ防止には、クッションや枕を背中や足の間に入れると効果的です。

措置入院

精神保険指定医2名以上の診断結果をもとに、精神障害のため自傷・他傷の恐れのある人を強制的に入院させることをいいます。都道府県知事の指示で医療および保護を目的に行われます。

措置費

老人福祉法などの各法律にもとづき、措置権者である都道府県または市町村がとるべき福祉の措置に要する費用。事務費(施設運営のための職員の人件費および施設管理費)と事業費(入所者の生活費)からなり、毎年度、厚生労働事務次官通知により措置費国庫負担金交付基準として示される。措置権者は、国と分担して措置費を支弁する義務を負っている。なお、施設に入所した本人またはその扶養義務者は、その負担能力に応じて一部を負担する。

躁鬱病

今日の国際疾病分類やアメリカ精神医学会診断基準では、躁うつ病ではなく気分障害という名称が使われている。内因性精神障害の一つ。情動の異常を示すもので、躁状態のみ、あるいはうつ状態のみを繰り返すもの(単相性)と、躁とうつとを交互に繰り返すもの(両相性)とがある。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら