トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【え・お】

ケアマネージャー用語集【え・お】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

栄養管理指導

栄養士など資格をもったものが患者の健康状態を把握し、適切な栄養がとれるように、食生活を管理・指導することをいいます。

ADL

activities of daily living(日常生活動作) 食事、入浴、排泄などの日常生活の基本動作のことです。 具体的には次のような種類があります。 コミュニケーション・身の回りの動作・起居・移動の動作 ケアプラン作成を行なう際のアセスメント時など、このADL情報が必ず必要になってきます。

ST

Speech Therapist 言語聴覚士をいいます。 言葉によるコミュニケーションが難しくなった人に言語訓練を行う専門職です。また、嚥下(えんげ)機能が低下している人に嚥下訓練も行ないます。STになるには、専門の養成施設(厚生労働大臣指定)を卒業し国家試験に合格する必要があります。介護保険法改正で、施設などの人員配置基準でOT・PTなどと一緒に人員配置基準に数えられるようになりました。

嚥下(えんげ)

人が食べ物や飲み物を口に入れ、咀嚼(そしゃく)し、のど、食道から胃に送り込むことです。 高齢になるとこの嚥下機能の低下が起こり、誤嚥や誤嚥性肺炎などを引き起こす可能性があります。

嚥下困難

飲食物がうまく飲み込めない、むせる、飲み込んだものが食道でつかえる といった障害をいう。痴呆性高齢者や寝たきり高齢者、特に脳卒中などにより運動障害や失行のある人に多く、また舌がんや食道潰瘍(しょくどうかいよう)などによってもおこる。嚥下障害時には誤飲による嚥下性肺炎に注意する。口腔から胃までの消化管の異常のみならず、食道周囲の諸臓器の食道圧迫、神経疾患でも生じうるので原因の鑑別が必要。

嚥下食(えんげしょく)

嚥下機能が低下した方を対象に食べ物をやわらかくしたり、ペースト状にして飲み込みやすくしている食品です。嚥下障害がある人でも食べやすいように工夫されています。

エンパワメント

利用者などの主体性、人権等が脅かされている状態において、心理的、社会的の支援する家庭をいう。その目的は、脅かされている状態に対して利用者、集団、コミュニティ等が自律性を取り戻して、その影響力、支配力を発揮できるようにするところにある。1980年代以降、アメリカ、イリスを中心に発展してきた手法であるが、現在では社会福祉援助活動の動向として根付いてきた。社会福祉援助活動(ソーシャルワーク)において、利用者、利用者集団、コミュニティなどが力を自覚して行動できるような援助を行うこと。

NPO

non-profit organization 民間非営利組織、民間公益組織とも呼ばれます。 公共の利益になる活動を行う営利を目的としない法人組織や団体のことです。会費や寄付、ボランティアなどを元手に活動します。

MRI

Magnetic Resonance Imaging 人体に影響の少ない磁場(核磁気共鳴現象)を利用して、身体の中の状態を映像化し、任意の断面を表示する画像診断法のひとつです。

MRSA

methicilin-resistant Staphylococcus aureus  メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。 多くの抗菌薬に対して抵抗力を示す、皮膚などに存在する化膿性菌のことです。 日和見感染をする可能性もあり、病院・施設などでは個室に隔離する必要があります。

MSW

Medical Sochial Work 医療用ソーシャルワーカーのことです。患者や家族の抱える精神的・社会的な問題の解決から、社会復帰までをサポートする専門職です。社会福祉に関する専門的な知識や技術をもっています。

OT

occupational therapy 作業療法士とも呼びます。病気や心身の障害をもつ人が、機能の回復を目指し、手芸や工作、ゲームなど、さまざまな作業を行うリハビリテーションを用いた治療法のことです。PTやSTともに協力して利用者の能力向上を目指します。

音楽療法

利用者の健康の維持や生活の質向上を図るために、音楽を聴いたり、歌を歌ったり、楽器を演奏したりして楽しみながら行なう心理療法です。現在は、施設などへのボランティア的な活動が多いのが現状です。

応益負担

福祉サービスの手数料、使用料、授業料などを、利用者が受けるサービスの程度に応じて負担することです。 所得に関係なく使えば使うほど負担する必要があります。介護保険がこれにあたります。

応能負担

 

福祉サービス利用者が負担できる範囲を決め、サービス料金の一部または全額を負担することをいいます。所得に応じて負担額が決まります。介護保険が始まる前がこの方式でした。

オンブズマン

護民官を意味するスウェーデン語。北欧で発足した制度。一般的には、国民の代弁人としてその利益を擁護(ようご)するものの意味であるが、より具体的には、不正、不当な行政執行に対する監視・観察、または苦情を処理する制度として理解される。または、オンブズマン制度と呼ばれている。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら