トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【あ・い】

ケアマネージャー用語集【あ・い】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

IADL

利用者の運動能力で買い物や洗濯、電話、薬の管理等、ADLよりも高い能力が必要とする複雑な動作の事。職業や性別を考慮し、身体活動能力や障害(しょうがい)の程度をはかり評価する尺度の1つとなっており、要介護認定調査の項目にもいくつかはいっています。

アウトリーチ

アウトリーチとは手を伸ばして取る、手を差し伸べる等と意味し、リーチアウトと言う用語がもちいられる事もあります。福祉等の分野における 地域社会への奉仕活動、公共機関の現場出張サービス等の意味で多用される。社会福祉の利用をする人々のすべてが、自ら進んで申請をするわけではなく、むしろ社会福祉の実施機関がその職権により潜在的な利用希望者に医療・福祉関係者が手を差し伸べ、利用を実現させるような積極的な取り組みをいいます。日本語訳として館外出張事業(かんがいしゅっちょうじぎょう)ともいわれます。

アクティビティ

デイサービスや施設介護の中等のサービス中に歌やゲーム、手芸、園芸等、心身の状況を安定させ、元気づけるために行なわれる活動の事です。デイサービス(通所介護サービス)等ではアクティビティ加算もあります。

アセスメント

介護支援専門員等が利用者にサービスを提供する際に、利用者の日常生活全体を把握し、その人のいろいろな問題点を理解する事をいいます。「事前評価」と呼ぶ事もあります。介護支援専門員にとってこのアセスメントに関する能力は重要な能力です。

アテトーゼ 

上肢や下肢を随意的に動かそうとするとき、本来の目的に関係のない異常動作が不本意におこり、さらに顔面筋や頸部(けいぶ)の筋にまで不随意な運動が起こるため、顔が笑っているように見えたりする。緊張を伴う  ときや動作を始めようとすときに強く現れ、発語の時には、咽頭(いんとう)や発語に関係する筋にも異常動作が現れるために、発語がなめらかでなく、聞き取りにくくなる。脳性麻痺者(のうせいまひしゃ)にみられる事が多く、脳出血(のうしゅっけつ)や脳軟化(のうなんか)の後遺症としてみられる事もある。

アニマルセラピー

ヒューマン・アニマル・ボンドの理念に基づき、動物と触れ合ったり世話をする事で、心身の活性化を図る手法です。 動物介在療法。アニマルセラピストは動物を連れて老人ホーム等を訪問しますが、高齢者(こうれいしゃ)等は自ら動物を飼う事でもこの効果を得る事ができる、こころのケア技術の1つです。

アルツハイマー型認知症

認知症の中でも、ケアが難しい疾病の1つにあげられます。記憶喪失や性格の変化、判断力の低下、記憶障害(きおくしょうがい)、見当識障害(けんとうしきしょうがい)等をともないます。原因は、脳の側頭や前頭葉が萎縮して起こります。

アルツハイマー病

大脳が全体的に萎縮して起こる疾病です。ときに認知症のような症状に進んでいきます。高齢者(こうれいしゃ)だけでなく、40代から発症する事もあります。  効果的な治療防止法はまだ確立されていませんが、症状を抑制する治療等少しずつ進歩しています。

アルコール依存症

長期にわたる大量の飲酒が原因により、心身の健康を害し、円滑な社会生活が著しく困難な状況に陥る事です。主な症状としてアルコールに対する強い欲求・精神的アルコール依存、飲酒行動に関する抑制能力の喪失、耐性増加に伴う飲酒量の増加、離脱症状(りだつしょうじょう)・身体的アルコール依存等であり、しばしば飲酒行動上の異常も伴います。アルコール依存症は従来のいわゆるアルコール中毒に相当するもので、長期にわたる大量のアルコール摂取をめぐるさまざまな有害作用を含む概念として推奨されています。その他、アルコール症と言う言い方もあり、これはアルコールによる健康障害(しょうがい)から社会的対応への障害(しょうがい)性をも含む上位概念であるが、名称が漠然としていると言う事からアルコール依存症への統一がなされました。

移乗(いじょう)

利用者がベッドから車椅子、車椅子から椅子、椅子から床等へ移る動作を「移乗する」といいます。移乗には介助が必要な場合もあります。介助する側にとっても大変重要なスキルです。

異食(いしょく)

認知症の症状でもあります。食べ物と、そうでないものの区別がつかなくなり、食べ物でないものを食べてしまう食欲異常の一種です。

一次判定(いちじはんてい)

介護保険の要介護認定で初めに行なう判定の事です。市(区)町村に申請し、市や市から委託を受けた介護支援専門員が訪問調査等を経て判定します。この判定結果をもとに、介護認定審査会で二次判定が行われます。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら