トップページ≫ケアマネージャー用語集【あかさ】≫ケアマネ用語【か】

ケアマネージャー用語集【か】

他の用語はこちら あ・か・さ た・な・は ま・や・ら

介護給付

介護保険から支払われる給付。要介護度1から5と認定された要介護者に対してサービス利用した分の9割が支給されます。要支援者には予防給付が支給されます。

介護休業給付

介護保険の被保険者が家族を介護するために、仕事を休んだ場合に支払われる給付のことです。雇用保険法により定められていますが、なかなか実際には利用が広まっていないのが現状です。

介護サービス事業者

訪問介護・通所介護などの居宅サービス事業者、福祉施設を運営する事業者のことです。事業者は都道府県などから指定を受ける必要があります。事業者には民間・社会福祉法人などがあります。

介護支援専門員

俗にいうケアマネジャーのことです。 介護保険制度の中では、象徴的な存在とともに制度維持のために重要な存在です。役割は、様々ありますが、簡単に説明すると利用者のニーズを居宅サービスなどのサービスを使用しながらニーズをみたしていくなどのサービスの調整役の役割があります。

介護支援相談

介護に関する専門的な知識や技術を持ち、介護サービスの内容などの相談を受ける事業のことです。 地域包括支援センターなどで受け付けています。

介護タクシー

訪問介護員などの資格をもつ運転手がリフト付きなどの車両を運転し、介護者の乗降を介助するサービスです。 移動費用は実費が必要になります。タクシー会社などの事業者は訪問介護事業者の指定を受ける必要があります。また最近では、有償運送といって 訪問介護事業所が条件指定を受けていれば白ナンバー・普通免許でタクシー送迎できるようになる制度もあります。

介護認定審査会

介護支援専門員がヒヤリングした内容をもとに要介護・要支援・自立を決める最初の判定(一次判定)の結果をもとに、二次判定として審査・判定を行う機関のことです。市(区)町村ごとに設置されています。

介護福祉士

介護福祉士法にもとづく国家資格で、専門の知識と技術をもって業務にあたっています。受験には指定された学校を卒業するか、実務経験3年が必要です。現場では、食事の世話、入浴、排泄などの介護や指導・支援を行っています。

介護扶助

生活保護を受けている低所得者が介護サービスを利用した場合に、支給される公的扶助のことです。

介護報酬

指定を受けた介護保険施設やサービス事業者が、利用者に介護サービスを行なった対価として介護報酬の9割を受け取る報酬のことです。介護報酬を受けるためには、事業者指定に始まり給付に関する届け出が必要です。

介護保険

2000年に定められた強制加入保険。介護が必要な高齢者に、介護サービスを円滑に行なうために設けられています。介護被保険者には、40歳~65歳までの第1号被保険者。65歳以上の第2号被保険者とがあります。

介護保険施設

介護保険で指定を受けた、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3種類があります。都道府県知事の指定や許可が必要です。介護保険施設では、入所するのが難しく百人以上の待機者をもつ施設もあります。

介護保険者

介護保険を運営する市(区)町村のこと。要介護申請の受付、認定・保険証の交付や、事業者への介護報酬の支払いなどを行います。被保険者の住所がある市 (区)町村が原則的に保険者になりますが、違う保険者地域の施設に入所した場合でも住所がある市町村が保険者になります。

介護保険制度

急速な高齢社会を迎える日本の高齢者が安心して暮らすために、公的な介護サービスを提供する社会保険制度でドイツの介護保険制度をモデルに創設されました。

介護保険被保険者

被保険者には、65歳以上の高齢者(第1号)と、40歳以上の医療保険加入者(第2号)の2種類があります。住民登録のある市(区)町村から要介護認定を受ければ、介護保険が適用され給付を受けることができます。被保険者は、介護保険料を、年金や給料などからも徴収されます。

他の用語はこちらから あ・か・さ た・な・は ま・や・ら